複数あるキャッシングの特性を知りましょう

キャッシングというと単純にお金を借りることという事で、漠然とした理解だけでは上手く活用することができません。銀行系にて利用する場合には、どの商品でも利率が低く借りることができるのかと言うとそうではありません。

銀行系の利用の場合はカードローンとして利用する場合と、クレジットカードのように利用する場合と、大きく分けて2種類の利用の仕方があります。

クレジットカードの場合は銀行の方で提供しているカードであっても、信販会社のマークがあれば、カードローンとは違いクレジットカードとしての利率が適用とされています。クレジットカードとしての利用になるので、条件次第ではキャッシングの他にもショッピング等にも利用することができます。

また、銀行口座と一体化しているかどうかを判断の材料としてみている場合も、カードローンとクレジットカードの両方で、口座と同一化している場合があります。どちらのキャッシングも利用可能でかつどちらか片方で事足りる場合は、より自分に合った方を選択するべきです。

どちらも使い道が自由だから融資してくれるなら、どちらでも構わないと言うわけにはいきません。2つの商品の特性を常日頃から違いを考えることにより、自分に合った物を選ぶことができます。