キャッシングは高額融資には向かない

キャッシングは少額融資向けであり、高額融資には向いていません。かなり昔から最高300万円などの高額融資を謳っていましたが、1社で借りられる金額は50万円を超えれば多いのです。300万円といった大きな借金を背負っている方のほとんどは、借入先は5社以上となっていました。

なぜ高額融資に向かないかというと、高金利に設定されているからです。キャッシングが高金利な理由は、金利を高くしないと運営できないからです。2,000万円貸し出すのと、20万円とでは、回収できる利息はまるで違ってきます。

少額融資だからこそ、金利を高く設定する必然性があるのです。何百万円も借りたいという方には、キャッシングは向いていません。借入条件は年収によって変わってきますが、50万円までと考えておくと失敗しなくてすみます。

ローンを利用する方は、なぜか少しでもたくさん借りようとする傾向があり、業者選びで借入額の比較をするのです。業者側もこれを熟知しているため、最高500万円、700万円までOKというように、限度額をアピールして宣伝しているでしょう。

借りて返済する必要がないならば、多く借りたほうがいいに決まっていますが、返済が待っていることを忘れてはいけません。
オリックス銀行の返済